Flutterラボの

プレミアム会員になる

謎のハッカー集団 〜アノニマスとは?〜 【勤勉エンジニアの怠惰ブログ】

はじめに

「ハッカー」と聞くと犯罪目的であったり、悪意をもった人物を指していると一般的には考えられています。
しかしハッカーは一概に悪意をもった人を指しているわけではありません。ハッカーにも様々な種類があり、正義のハッカーも実は存在します。その全ての種類を総称して「ハッカー」と呼ばれます。
本記事では主なハッカーの種類と最近ロシア問題で話題になっているアノニマスについて解説したいと思います。

ハッカーの種類

ブラックハットハッカー

ハッカーの中でもブラックハットハッカーは悪意を持って、法人や団体のサーバーやコンピューターを攻撃したりする活動をしています。
USBドライブにウイルスを潜ませて配布したり、無作為に選んだウェブサイトのデータベースをハッキングしたりすることもあります。
目的としては身代金であったり、依頼を受けて報酬を獲得することなどがあります。
一般的に「ハッカー」と呼ばれているのはこのブラックハットハッカーを指しています。


ホワイトハットハッカー

ホワイトハットハッカーはブラックハットハッカーとは対照的に、企業や団体のコンピューターセキュリティを強化し、機密情報などの外部流出を防ぐために活動するハッカーです。


ハクティビスト

ハアクティビスト(Hacktivist)とはハッカーの『Hack』とアクティビスト(活動家)の『Activist』を合わせた造語です。
ハッキングを用いて、社会改革を実行するために活動するハッカーです。
基本的には政治や宗教などに対する主張を持っており、政治家の汚職や不正行為を暴露したりすることでも有名ですね。
これから紹介するアノニマスは、このハクティビストに該当するハッカーです。


アノニマスとは

アノニマスとは英語でAnonymousと表記され日本語で『無名(又は匿名)の人』を意味する言葉です。アノニマスは2006年ごろに英語圏の『4ちゃんねる』で結成されたインターネット上のハクティビストが集まった組織です。
イメージとしてはとしては以下の画像のような仮面を被ったシルエットとして紹介されることが多いですね。

アノニマスの活動

最近のアノニマスの活動として有名なものは2022年のロシアに対するハッキング攻撃です。
ロシアのウクライナ侵攻をうけアノニマスはロシアのプロパガンダ作戦を批判し、ロシアのTV局をハッキングした後ウクライナでの情勢を放映させました。

このようにアノニマスは政治的な主張を動機に活動しており、過去にあった事例としてはイスラム国メンバーのSNSアカウントを停止したり、ミャンマー軍のクーデターに対して、警察や国軍のサイトのサイバー攻撃にも関わったとされています。


まとめ

ハッカーには多くの種類があり、「ホワイトハット」「ブラックハット」、「ハクティビスト」などが有名ですね。
本記事ではハアクティビストで有名である「アノニマス」に関する解説とその主な活動についてまとめてみました。

最後に

我々Flutterラボは、大阪の梅田にあるコワーキングスペース『ONthe UMEDA』の料金プランとしてモバイルアプリ開発が学べるプログラミングスクールを運営しております。

オンラインではなく対面で学びたい方におすすめです。
※オンラインをご希望の方はFlutterラボのオンラインスクールをおすすめします。

Flutterラボ|動画で学ぶFlutter学習サイト Flutter・Dart・Firebaseに関するアプリ制作の技術を学ぶことができます。プログラミング初心者から経験者まで flutterlabo.tech


以下のような方に適したプログラミングスクールです。

  • 大阪でFlutterを学びたい方

  • オフラインで現役エンジニアに教わりたい方

  • プログラミングの基礎から学びたい方

  • アプリを開発してみたい方

  • 初心者からスマホアプリをリリースしたい方

スタンダードコース

Flutter学習用のカリキュラムに合わせて、プログラミングの基礎からアプリ開発の応用まで学べるコースです。

プロコース

ご自身で開発したいアプリを、設計からリリースまですべてサポートするコースです。

無料体験をご用意しておりますので、ぜひ気軽にTwitterのDMか、特設WEBサイトからお問い合わせください。

Flutter(フラッター)を使ったアプリ開発学習 | ONthe UMEDA 企業のファン獲得から個人の生活品質向上まで、ますます需要の高まる”アプリ”の開発を、ご自身のペースで学べる教材・学習サポー onthe.osaka