Flutterラボ
【Dart】【Flutter】 Dart Padを使用してアプリのテストやコードテストを行う
#プログラミング#Flutter#dart#ハッチアウトスクール

今回はFlutterやDartをテストできる環境のDartPadを紹介したいと思います。

Dart Padリンク

DartPad dartpad.dartlang.org

Dartのテスト

Dartのテスト環境として使えます。importできないパッケージなどが存在するのが少し不便です。

画像3

Flutterのテスト

Dart Padでは、FlutterのMaterial.dartファイルのimportが可能になっています。さらに、Flutterのサンプルコードが存在するので見ていきましょう!

用意されているテストコード一覧

右上のSamplesというTabをクリック

画像6

するとサンプルコードが一覧で表示されます。

画像7

Counter Appのテスト試行

Counterをクリックするとお馴染みのflutter createを行ったときの、デフォルトアプリが表示されます。

画像7

CustomPainter テストコード

Sun flowerではオリジナルアニメーションを作成できるCustom Painterを紹介しています。

画像8

Draggable テストコード

Draggable Cardではユーザーが実際にWidgetをドラッグした際に行われる動作のサンプルを紹介しています。これを参考にドラッグアンドドロップWidgetが作成できますね。

画像1

実際にアニメーションを確認することもできます。

まとめ

私はHatchout Schoolの生徒にオンラインで説明する際に主に使っています。詳しいエラーコードが出ない、Buildが遅いなどが玉にキズですが、テスト環境と割り切ってしまえば、とても便利なツールですね。Dartで新しく学んだ新文法などを試す環境としても有効活用できます。