Flutterラボの

プレミアム会員になる

【Dart】Map型の使い方とよく使うメソッドまとめ
#プログラミング#Flutter#dart#ハッチアウトスクール#Flutterラボ#Flutter入門#Dart入門

Map型は、keyと呼ばれる値とvalueと呼ばれる値を紐付けて格納するオブジェクトです。

この記事の内容はFlutter専門の学習サイト『Flutterラボ』で、より詳しく動画で解説しているので、興味のある方はそちらもご確認ください。

Flutterラボ|動画で学ぶFlutter学習サイト Flutter・Dart・Firebaseに関するアプリ制作の技術を学ぶことができます。プログラミング初心者から経験者まで flutterlabo.tech


変数宣言

まずは、型を指定して宣言します。
今回はフレームワーク名をkeyにして、対応言語名を格納します。

Map<String, String> frameworks = {
 'Flutter' : 'Dart',
 'Rails' : 'Ruby',
};

型推論を使って宣言することもできます。

var frameworks = {
 'Flutter' : 'Dart',
 'Rails' : 'Ruby',
};

値を取り出す

frameworks['Flutter'] // 'Dart'

値を追加する

frameworks['React'] = 'JavaScript';

addAll(void)

MapとMapを結合するメソッド

frameworks.addAll(
 {
   'Laravel' : 'PHP',
   'Bootstrap' : 'CSS',
 }
);

containsKey(bool)

keyが存在するかどうか確認するメソッド

frameworks.containsKey('Flutter'); // true
frameworks.containsKey('CakePHP'); // false

length(int)

Mapに含まれる値の数を取得するメソッド

frameworks.length // 5

remove(value)

値を削除するメソッド

frameworks.remove('Rails'); // Rails

forEach(void)

Mapの値を順番に取り出して処理するメソッド

frameworks.forEach((key, value) {
 print('$key --- $value');
});
Flutter×Firebaseでモバイルアプリを開発する Cloud Firestoreを用いて簡単なメモアプリを作成しよう www.udemy.com