広告

Flutterラボの

プレミアム会員になる

2020.08.06

Timerを使えば一定時間おきにファンクションを呼び出したりすることができますが、await することができません。

await Future.delayed(Duration(seconds: 5));

このようにFuture.delayedを使うと、一定時間awaitすることができます。

Future<void> stopFiveSeconds() async {
   int _counter = 0;

   while(true) {
     await Future.delayed(Duration(seconds: 5));
     _counter++;
     print('5秒待ってからしたい処理 $_counter回目');
   }
 }
Flutterラボ
hatchoutschool
FlutterとNuxtに関する知識を発信しています! 動画で学べる学習サイト『Flutterラボ』と『Nuxtラボ』を運営 Flutterラボ:https://flutterlabo.tech/ 広告のECサイトを開発(https://ec-ad.tech/)