Flutterラボ リリース3周年記念! プロコースが1ヶ月の料金で2ヶ月間受けられる、実質半額セール (2024年3月17日まで・先着)

アプリ開発でよく使う公式パッケージ集
ここから先の視聴は有料となっております。

Flutterで本格的なアプリを開発するために欠かせない『パッケージ』 その中でもよく使われている公式パッケージの使い方をひとつひとつ解説します。 ・flutter dev  ・url_launcher⇨リンクをブラウザで開く  ・image_picker⇨カメラロールから画像を取得  ・video_player⇨動画を再生  ・camera⇨スマホに搭載されているカメラを起動する ・dart dev  ・http⇨API等のWEBへのアクセス  ・intl⇨アプリの国際化 ・fluttercommunity dev  ・device_info_plus⇨アプリを実行しているデバイスの型番やOSバージョン等デバイス情報を取得  ・battery_plus⇨充電に関する情報を取得  ・connectivity_plus⇨ネットワーク接続状況に関する情報を取得

2021.11.27

1. コース紹介